読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

めしねこ -大江戸食楽猫物語-

本屋にて、表紙の眉ヂカラにノックアウトされてレジへ。(柔道部物語みたいだ…あとホワッツマイケルぽい)色々な食楽が載っていますが…江戸の変わり飯がシンプルかつ滋味に溢れていそうで殊に垂涎。ほたる飯、雪花菜飯、桜飯、山吹飯…そしてかつお節ねこまんま…

探りつつシンプルに

ネーム12ページと登場人物スケッチをやる。1人、印象の強い人物が浮かぶ。印象が強いので描きやすい。これはスルスル描けるかも、と思って先を進めると、なんだか進まなくなる。印象の強い人物と、その他の人物の顔が違すぎる。じゃあどちらかに合わせて顔を…

パンジー、君という人は

町を歩けばパンジーあちこちにパンジーなぜみんなこの花を植えるの?ってずっと不思議だった自分で植えてみたらわかったよパンジー、君という人はなんて丈夫なんだ!LaLaLa…西日の当たる軒下のエンジェル★

お正月に嗅いだ匂い

なんだかんだと話していて、パッと時計を見ると0:01。いつの間にか2017年になっていた。新春なので、ノースポールという鉢植えの花を買ったのですが。花の匂いを嗅いでみると、衣替えで押入れから取り出した衣類とヒノキとラベンダーと揚げたあとの天ぷら油…

みやすみ

旅の柵 のどかな角の 草のびた(たびのさくのどかなかどのくさのびた)

ふたやすみ

さてバス走る、師走バテさ(さてばすはしるしはすばてさ)

ひとやすみ

口、あなたに渡したわ、似たなあ、チクッ(くちあなたにわたしたわにたなあちく)

キツネ型タイムカプセル

子どもの頃の記憶をネームにしてみる。案外と視点が今と変わらない。そういえば、6歳くらいのときに、キツネのキーホルダーを買ってもらった。願い事を書いた紙を丸めて、キツネが背負ってる筒にそれを入れておくと願い事が叶う…というもので、ファンシーな…

引用補強ドリンク

投入:引用A“人間は、正本に対して、つねに異本をつくろうとする。Aのものを読んで、理解したとする。その結果は決してAではなく、A'、つまり異本になっている。文学がおもしろいのはこの異本を許容しているからである。”引用B“忘れ上手になって、どんどん忘…

MARIO RUN 走れ!白球を追って

腕組みしてても未来は開けないので、MARIO RUNで少し遊ぶ。マリオがどんどん走るので、コインを取り損ねる。じゃあコインをもっと集めてみようかと、右往左往して集めていると、時間切れでゲームオーバーになる。おいらの半生のように……半生はさておき、ゲー…

空回りから本回りへの千里の道のり

寒中、先輩のお母様にお会いする。お母様いわく、先輩は私を理解してるわよ、と。理解してくれているのは嬉しいなあ、と思ってその内容を教えていただくと、「繊細で空回りしてる感じ、って言ってたわよ」とおっしゃるのでガビーンとなる。友人にそれを話す…

発想を転換するためにスプーンを使ってみる

ノンフィクション寄りのフィクションが描きたい…というより、よくよく考えたら自分はそれしか描けない。アタマが固いのかもしれない。ここはひとつ、スプーンで発想を転換できないかな、と試してみる。スプーンで出来ることは何か。よくあるのは、片目に当て…

孔雀 Away with words 三条人

自分探し、というか自分整理の旅、そんな感じの映画で。スクラップブックを作るとか、コラージュで絵葉書を作るとか…寝ている間に記憶と感情を整理するのが夢って言うじゃないですか、そんな感じの。 浅野忠信が演じるアサノという青年が旅をするのですが。…

レモンとライムの話

レモンとライムの話http://memo.tadareiko.com/?eid=1223565およげ!たいやきくんの歌詞の厭世観について考えていたら辿り着いた短編。ラストの野心的(?)な現実感に励まされる。謝謝。あまり先を考えすぎず、まずはともかくやる気だ。やる気だ。わわわ。

川原の猫は何思う

…“人間が猫を睨めんじゃねぇ猫が人間を睨めんじゃ”ヘイ親分!

かにみそ

同収録『百合の火葬』の清野さんは、池田満寿夫著『テーブルの下の婚礼』のサキコにちょっと似ていて、それより大分明るく活発だった。百合の花の口調が愛らしいなぁ。 そういえば前に『いのちの食べかた』という映画をみた。『かにみそ』を読んで、改めてあ…

Waltz for Debby ♫ Bill Evans

午後にコーヒーを飲んだからか寝つけず反省。刺激物は昼前までだなぁ。気を休める音をきいて就寝。ほ。Waltz for Debby (Take 2)ビル・エヴァンス・トリオジャズ¥200provided courtesy of iTunes

ゲレクシス1巻…

あれ、これはコワイ世界かな…けっこうやばいような…いや、会話がポップだから大丈夫か…きっとたぶん大丈夫!!という気分で読み終えてひとまずホッ。といっても、まだ1巻だからこのあとどう転調するかわからず…おそるべしゲレクシス…(って何⁉︎)ゲレクシス(1)…

シンプルに面白い案を思いつく秘術とは

ネームできた!と思って、一晩ねかせてから見ると、ややこしすぎるか紋切型かのどちらかになっている。 しかたないので、回文でアタマを切り替えてみる。 立った、卵また立った! たったたまごまたたった (コロンブスが卵を立てる場に居合わせた子どもが、卵…

のばらの村のものがたりと襖

大雪が降る。半日でパーティー会場を建てる。建材は氷、灯りは蛍。ありえない作業ピッチとエコ発電。でも主人公は野ねずみだから、ハイスピードに氷を削れる。蛍は、土ボタルなら保温すれば越冬できるのか…なんてことを考えなくても、とにかく野ねずみが建て…

ペンタブは電気山羊の夢を見るか?

これくらい変幻自在に描けたらいいなぁ www.youtube.com

ケヴィン・エアーズ ♫ JOY OF A TOY

ロバートワイアットが好きだと言ったら『じゃあケヴィンエアーズも好きだと思うよ〜!すごくいいよ』と先輩に教えてもらって聴いたらほんとによかった。 街の雰囲気、というタイトルだけど、田園とか南の島みたいな開放感が心地いい。蛙っぽいオーボエがのど…

絶叫委員会

絶叫委員会。というタイトルを見て、絶叫する委員会を思い浮かべた。 制服を着て壇上に上がる絶叫委員会の委員長。「次は、絶叫委員会からのお知らせです。」アナウンスが流れる。メガネをかけた委員長が、顔を上げ、絶叫しはじめる……(何を?) そういえば絶…

四とそれ以上の国

冒頭、“ 俺の盛り上がって動く土の筋をはじめて見たのは、七歳半の夏だった。” の一文を見て、うわーと思って一度本を閉じてしまった。文の意味が頭にすっと入らない。ひょっとしたら間の語をいくつか省略して読むと分かりやすいのだろうか。“俺の土の筋”な…

白い紙が黒くなるまで描いてみる

雪が降ってきた。見慣れた世界が白く覆われる。まっさらな白紙のやうに。原稿用紙を引っ張り出す。描く。ぐぬぬ。とてもうまくない。一旦ペンを置いて考え、考えてもよくわからないので、ともかく白い紙を落書きで埋める。落書きのキャラが話し出すと、ぼん…

家猫ぶんちゃんの一年

家猫ぶんちゃんの表情があまりにも上手く描かれていて、ボロボロ泣いてしまった。 あと中盤からの、ぶんちゃんのたくましさに励まされた。 愛着のある場所に居たくても、どうしても次の場所に動かなきゃならないっていう局面は、人間の人生にもある。物理的…

モヘジの喝

日曜18時。ユーツだ。床に転がって憂いていても仕方ないので、なにか話を考えてみる。ひょんなことから、海苔で本を作るのがブームになった城下町。時は江戸時代。文字は型抜きで、破らないようにソッとページをめくる。海苔と海苔の間には薄い餅が挟んであ…

富士の風呂 トマトの風呂

遅まきながら、はじめしゃちょーという方のニベア風呂についての伝聞を聞く。変わり風呂について気になったので少し調べる。いろいろな変わり種がある。りんご・スイカなど素の食品はよいとして、チョコ・ラーメンなどの加工食品の風呂は…。しかしこれも、マ…

妖怪のめのめ

おめおめ、に近い言葉で、のめのめ、という東京方言があるらしい。「きさま、おめおめ逃げる気か!」「まあ、のめのめしてるわね!」という感じで、恥の意識の有無に対して使われることが多いようだ。のめのめ、という語感は面白い。面と向かって「あーた、…

スチャラカ社員

昨日観た映画について、結局、一晩と半日考えた。考えたというか、よくわからない感覚に浸かっていた。うーん。ともかくなんかしないとはじまらないので、iPhone用のKindleを使ってみる。蛭子さんが描いたスチャラカ社員の顔を見たらホッとしたぜよ。蛭子能…

街でウワサの映画をみた

素晴らしいとのウワサが街で流れている映画を観に行った。ウワサ通り、映画はよかった。しかしワタシのコンディションはヘナヘナだった。具体的には鼻炎で鼻がかなりフガフガしていた。なので、まともな感想を記すことができそうにない。観た直後にメモした…

AI漫画の夜明け

遅まきながら、シンギュラリティという言葉を読みかじる。読みかじったものの飲み込めない。ドラエもんのコエカタマリンよろしく、一文字ごとが立体的な文字になってジュースの中に浮いているような感じがする。こういう場合、かじらずに丸のみするのが早道…

ニオイで思い出した記憶

絆創膏をはがしたあとの臭いが好きな人はけっこういるらしい。ワタシもけっこう好きだ。先日、うっかり指先をケガしたので絆創膏を巻いた。しばらくたって剥がしたら、絆創膏のスポンジに当たっていたヒフが真っ白になっていた。思わず嗅いでみるとやっぱり…

米と大型本

久々に大型の本を買った。細かな感想の覚書はまた追記するとして、モノとして、大きな本をじっくり読むのがとても楽しいなと感じたことを、忘れないうちにメモしておく。書店で買うとき、店員さんから『重いのでお気をつけて』と手渡してもらったこの本。ふ…

自分の絵柄とは

可愛いとされているパーツを並べてみる。大きな目、小さな輪郭、細い手足などを並べて見ても、ありきたりだなあと思う。かといって、あえて間逆の方に行ってみようと、小さな目、大きな輪郭、太い手足を描いてみても、それはそれで何かしっくりこない。間逆…

タロットカードで作品の案を考える

タロットカードは何かと便利だ。Q. 作品の案をください。1枚目…正義(逆位置不公平な条件下2枚目…審判(逆位置不条理な判定3枚目…世界(正位置奇跡的な完成4枚目…恋人(正位置恋愛5枚目…運命の輪(逆位置運命のすれ違い5枚つなぎ合わせると、天才すぎる兄と比較さ…

海で妙なものを拾った

久々に海に行った。カップルとサーファーがまばらに居る浜辺で、小一時間、下をみて歩き回る。インコ用の流木を拾いに来たのだけど、落ちているのは海藻や玉ねぎの皮ばかりじゃないですか。目を皿にしてぐるぐる浜辺をねりあるき、ようやく3本ほど流木を拾う…

返信せずにブログを書くのは人としていけないことか

メールの返信をせずにブログを書いているのは人としていけないことだと感じるかどうかのアンケート結果:いけないことだ…64%いけなくないことだ…28%どちらともいえない…8%☝︎こんな風に架空のアンケートの数値を予想することでメールの返信を遅らせていること…

文章だけならいくらでもキャラクターがつくれる説

いくらでも、というのは多少かなり誇張が入っていますが。というこの一文だけでも、『いくらでもっていってもさー、それってちょっと違うっていうか、その時の気分でテキトーに吹いてる感じっていうか、まあ適当に言ってみてるんだけどさ』とか『幾らでもと…

忘れながら思い出す

記憶力が良い人に憧れる。ネットの検索で調べれば、たいがいのことは分かる。でも、脳からスッと取り出せる情報はやはりとても便利だ。記憶力があまりないワタシも、何かの拍子に、忘れていた過去の出来事を思い出すことはある。匂いや湿度なんかの、感覚的…